夏に読みたい絵本

<海の絵本>

『うさこちゃんとうみ』  ★の絵本   海の絵本

 

作:ディック・ブルーナ 訳:石井桃子/福音館書店

/2000年(第93刷版)

         お父さんに連れて行ってもらう初めての海。そこは驚くほど大きくて楽しい

         場所でした。一日遊んで大満足のうさこちゃん。海へ行く前にもお薦め♪

『エリセラさんご』  ★★★★★の絵本  海の絵本

 

文:水木桂子 絵:和田誠/朔北社/ 2000年

                海中で生まれる珊瑚の赤ちゃん=プラヌラ。ピンクの小さなプラヌラが、

          どのように成長していくか、わかり易い文と絵で教えてくれる科学絵本。

『お化けの海水浴』   ★★★★の絵本   海の絵本  おばけの絵本

 

作:川端誠/BL出版/2002年

お化け屋敷で家族のように暮らすお化けたちのシリーズ。今回彼らは、お化け専用

ビーチ?!で遊び、宴会を催します。お化けが好きな子も納得!の役どころで活躍です。

『貝の子プチキュー』  ★★★★★の絵本  海の絵本

 

文:茨木のり子 絵:山内ふじ江/福音館書店/2006年

海の中の小さな貝の子=プチキューは、ある日自分が自力で動くことのできる存在だと気づき、広い海へと旅立ちます。勇気の出したい時、読みたくなる1冊です。

『だいちゃんとうみ』  ★★★の絵本  海の絵本

 

作:太田大八/福音館書店/1992年

         長崎は大村湾の海で過ごす夏休み。大自然の中で朝の暗いうちから一日

         遊び倒す「だいちゃん」。広さ、大きさ、豊かさを存分に味わえる1冊です。