★★★の絵本(3歳半くらい~)

『雨、あめ』  ★★★の絵本  雨の絵本

 

作:ピーター・スピア/評論社/1984年

     急に雨が降り出した!大人は大慌て―ですが、子どもは?!雨降りの

     小さな現象が細かく描かれていきます。雨が大好きになる絵本です。

『あめふり』  ★★★の絵本  雨の絵本

 

作:さとうわきこ/福音館書店/1987年

降り止まない雨。ばばばあちゃんは天に向かって止むよう頼みますが・・・

適わないどころか土砂降りに。さあ、ばばばあちゃんの腕の見せ所です!

『あめふりの おおさわぎ』   ★★★の絵本    雨の絵本 

 

作:デイビッド・シャノン 訳:小川仁央/評論社/2002年

雨降りの時は、スムーズに行かないことも多いし、なぜかイライラ・・。

そんな状況がとてもよく出ていて、読後感もとてもよいお話です。

『おじさんのかさ』   ★★★の絵本  雨の絵本

 

作:佐野洋子/講談社/1992年

お気に入りのかさに対して、あり得ないほどに潔癖だったおじさん。でも、ある

雨の降る日に雨を楽しむ子どもに出会ったことで・・おじさんは変わるのです!

『おたねさん』  ★★★の絵本  春夏秋冬の絵本

 

作:竹内通雅/農山漁村文化協会/2007年

春に畑から芽を出す野菜たち。この野菜たちは、どんな恵みを受けて美味し

 く育っていくのでしょう?!言葉と絵が気持ちよく、翌春へと導いてくれます。

『おなかのすくさんぽ』 ★★★の絵本  どろんこの絵本

 

作:かたやまけん/福音館書店/1992年

真っ白いシャツを着て散歩をしていたら、泥んこ遊びをしている動物たちに会

った「ぼく」。子どもとして本能に従い、やがて動物たちにも認められると・・・・。

『カマキリくん』  ★★★の絵本  昆虫の絵本

 

作:タダサトシ/こぐま社/2002年

虫捕りの好きな主人公が、初めて肉食の昆虫=カマキリを捕まえました。帰宅して、バッタの容器にカマキリを入れてしまった彼は、命について考えることになります。

『しんくんとのんちゃん 雨の日のふたり』  

★★★の絵本  雨の絵本

 

作:とりごえまり/アリス館/2003年

心配性の男の子=しんくんと楽観的な女の子=のんちゃんが付き合うのは

大変です^^でも、こんなにも違っているからこそイイってこと、読めばわかる♪

『すてきなあまやどり』  ★★★の絵本  雨の絵本

 

作:バレリー・ゴルバチョフ 訳:なかがわちひろ

/徳間書店/2003年

外からびしょぬれで帰ってきたぶたくんと、ぶたくんを迎えたヤギさんの会話。

ここから、現在進行形のお話と過去のお話とが同時進行していきます。

『せかいいっしゅうおばけツアー』 ★★★の絵本 おばけの絵本 

                         遊びに活かせる絵本

 

作:星川遙 絵:長野ヒデ子/小学館/2005年

前作で日本のおばけと友達になった主人公が、今回はワールドツアーに出かけます。

そこで知り合った世界のおばけとも仲良しに。すごろくでも楽しめる付録つき。

『だいちゃんとうみ』  ★★★の絵本  海の絵本

 

作:太田大八/福音館書店/1992年

長崎は大村湾の海で過ごす夏休み。大自然の中で朝の暗いうちから一日

遊び倒す「だいちゃん」。広さ、大きさ、豊かさを存分に味わえる1冊です。

『たなばた ウキウキねがいごとの日!』 

                                        ★★★の絵本  七夕の絵本

 

作:ますだゆうこ 絵:たちもとみちこ/文溪堂/2010年

友達が欲しいと書いた短冊が風で飛ばされてしまったたぬきのポコくん。その短冊は、きつねのキコちゃんのところへ。求め合う二人は、出会うことができるのでしょうか?

『たなばたこびとのおはなし』  ★★★の絵本 七夕の絵本

 

作:まついのりこ/童心社/1986年

七夕の由来はまだ早いけれど竹に短冊は吊るしたい年齢の子に、易しい絵本です。願い事が書かれた笹竹は、こびとの手により天の川へー。願いが叶います様に・・!

『たなばたプールびらき』 ★★★の絵本 七夕の絵本 

 

文:中川ひろたか 絵:村上康成/童心社/1997年

ピーマン村シリーズの7月のテーマは、七夕とプール開きという二つの行事。シリーズお馴染みの園児たち+名物園長先生、どこでプール開きを行うのでしょう?!

『たなばたまつり』  ★★★の絵本 七夕の絵本

 

作:松成真理子/講談社/2010年

短冊に願いを書くこと。それは、願うこと。短冊がまるで生きているようにみんなの願いを守り、天へと届けてくれます。静かな雰囲気の中で、心に染み入るお話です。

『どろんここぶた』  ★★★の絵本 どろんこの絵本 ぶたの絵本

 

作:アーノルド・ローベル 訳:岸田衿子/文化出版局/1971年

どろんこ大好き!きれい嫌いのこぶたは、可愛がってくれているお百姓さんが掃除をしたことで家出をしてしまいます。最後に見つけた素敵などろんこ。でも、そこは・・。

『ねがいぼし かなえぼし』 ★★★の絵本 七夕の絵本

 

作:内田麟太郎 絵:山本孝/岩崎書店/2004年

現代の願い事と、昔話を繋ぐ物語。好きな相手に会いたくなるのは、昔も今も変わらぬ願い。好きでたまらない相手を想っている人には、共感の嵐ではないでしょうか。

『バムとケロのにちようび』  ★★★の絵本  雨の絵本

 

作:島田ゆか/文溪堂/1994年

雨の日曜日。バムは読書をしようと思い立ちますが、それはケロの行動に

より阻まれ続け・・一難去ってまた一難!読書は無事、できるのでしょうか?!

『ピッツァぼうや』  ★★★の絵本 雨の絵本 遊びに活かせる絵本

 

作:ウィリアム・スタイグ 訳:木坂涼/セーラー出版/2000年

外遊びの大好きな男の子にとって、面白くない雨の日。主人公のお父さん

は、退屈している息子のために一計を案じ、楽しい遊びをしてくれます。