たなばたむかし

《どんな絵本?!》

天女の羽衣の昔話です。

この絵本では、牛飼いは牛を飼う仕事をしておらず「いぬかいさん」という名前になっています。

そして、織姫は大勢の天女の一人で「たなばたさん」といいます。

 

ある日、地上の川で水浴びをしていた天女たちの羽衣を見つけたいぬかいさんは、

その羽衣1枚を隠し、持ち主の天女を強引にお嫁さんにしてしまいます。

夫婦に子どもが生まれ、平穏な暮らしが続くはずでしたが――天女はずっと、天に

帰りたいという希望を捨てきれず、隠してあった羽衣を見つけてしまいます。

 

牽牛星は「いぬかいぼし」とも言うようで、この絵本では牛ではなく犬を飼っていると

いう設定になっています。

天女が天に帰った後のお話も、昔話らしいエピソードに彩られています。

が、二人が星になった経緯は詳しく語られてはいません。

 

犬が脇役として存在感を放つところが、この絵本の特徴です。

犬好きの人にも。

 

《読み聞かせ方のヒント》

縦書きの文字の昔話です。

漢字は漢数字のみですが、振り仮名なしで使われていますので、一人で読むには

小学校以降がお薦めです。

 

昔話の理不尽さが語りの中に散りばめられているので、現代の子にどうこのお話が

受け入れられるのか・・というところ、興味津々です。

 

誰に感情移入して読むのかは、読み手次第というところでしょうか。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++